沿革

1953 水沢誠三郎が帝国石油(株)で生産される液化石油ガス(プロパン)を家庭用燃料として販売
1955 三浦市に三崎営業所開設 1958.商号を相模プロパン瓦斯株式会社に改める。
資本金100万円
1960 本社を横須賀市衣笠町に移す
1961 出光興産(株)の販売店となる。液化石油ガスの安定供給をはかるため衣笠充填所に20tLPガス貯槽を設置
1967 灯油など石油製品の販売を営業種目に加え総合燃料店となる(本社10KLタンク1基)
茅ヶ崎市堤に茅ヶ崎営業所を開設横須賀市水道工事指定店となったことを契機に給排水工事及び住宅設備機器の設計施工をはじめる
1969 資本金400万円に増資
1970 簡易ガス事業に進出、堀の内団地に供給開始
1973 資本金800万円に増資。液化石油ガス業務(配送、事務システム)の近代化をはかる目的で本社にコンピューターシステムによる出光横須賀LPガスサービスセンターを開設
1974 営業多角化に伴ない社名を株式会社サガミに改める資本金1600万円に増資
1975 横須賀市武に住宅設備センターを開設
1982 茅ヶ崎営業所を湘南支店に昇格しオートガススタンドを開設するとともに灯油タンクを10KLから20KLタンクに変更
1986 湘南支店にコンピューターを導入しオンライン化する 武山住宅設備センターを出光ホームガスショップに改装する
1989 湘南支店を全面 改装する20tタンク2基10tタンク1基を増設
1993 創業40年を記念して新社屋を建設する
1996 充填工場を全面改装しコンピューターによる充填の自動化を図る
2001 湘南支店、充填工場を改装しコンピューターによる充填の自動化を図る
2003 創立50周年を迎える
2005 水の宅配“アクアクララ”販売開始
LPG用バルク車を導入
シャープ特約店となり家電製品全般を販売開始する
2007 家庭用燃料電池の実証機サガミ第一号を横須賀市長井に設置
2009 太陽光発電システムの販売を開始
2010 宮越屋珈琲町田店 開店
2011 横須賀市武に太陽光発電・オール電化・住宅設備機器の ショールーム「SAGAMIソーラーセンター」を開店する
2012 有限会社海の種と業務提携
2014 「かき小屋」横須賀店 開店(期間限定営業)
「災害時対応型LPガス中核充てん所」として経済産業省より認定を受ける
メガソーラー発電所(6月 釧路 ・ 12月 熊本)発電開始
サガミカンボジア 設立
2015

有限会社山工務店と経営統合
逸品屋株式会社 設立
ヨコスカBBQパーク 開店
サガミホールディングス株式会社 設立