ごあいさつ

株式会社サガミ 代表取締役社長 水沢洋

株式会社サガミ 代表取締役社長 水沢洋

 震災後、日本は大きな転換期を迎えました。インフラ業界でもエネルギーの在り方が根本から見直され、近く電力・都市ガスの自由化が実施されます。かねてから自由競争下にあったLPガス販売で商売をさせていただいてきた弊社にとって、大きなチャンスと捉えなくてはなりません。
 2014年には釧路と熊本で合計2.78メガの太陽光発電システムが稼働を始めました。さらにお客様とのパイプをより太く強固にしていくため、2015年4月には地元の老舗工務店と合併し新たな再スタートを切りました。
 その結果、弊社はいまや給湯器やガスコンロ等のガス器具だけでなく、自社で家の全てをメンテナンスできるようになりました。近い将来、建て替えの新築も手懸けていこうと考えております。創業から60年以上続く神奈川の企業として、地の利を生かし、顧客基盤を万全にし、お客様から愛される企業にしていかなくてはなりません。
同時に自由化を楽しみに待てる体制を整えていく所存です。
 LPガスから派生した事業範囲は、いまやリフォームや再生エネルギーに留まらず、外食産業や宅配事業、農業にまでその存在価値を広げており、常に新しいマーケットを探しております。
さらに2013年には、サガミカンボジアを設立し、カンボジアでのLPガスの小売り販売を主力としたインフラ整備にも着手していおります。
今よりもっと社員にとって夢のある企業を創り上げ、末永く地元から愛される企業「サガミ」として100周年を迎えられるよう進化してまいります。